So-net無料ブログ作成

帝都衛星軌道 島田荘司 [読書な時間]

表紙の○が気になりました
001.jpg
タイトル:帝都衛星軌道
作者:島田荘司
出版社:講談社
ISBN:978-4-06-276432-2
価格:本体724円+税

短編集のように複数のお話が入っているのですが、
帝都衛星軌道前編
別の作品
帝都衛星軌道後編
という構成になっています。

本の後ろの説明の所に、
誘拐事件で身代金15万円という、え?と思う金額と、
これは警察小説なんだと思ったのですが、
何か様子が違うんですよね。

前編は確かに身代金受け渡しの直後までが描かれているのですが、
何か謎を散りばめて進行して行きます。
真ん中の別の作品を挟んで後編に入ると、
謎解きはあるものの、警察小説とは違う事に気付かされ(^_^;)
最後は一瞬だけでも望みが叶って良かったのかな?
それとも、あの時の選択は間違ってたのかな?って
ちょっと考えさせられもしました。

タイトルの「帝都軌道衛星」について
後半で説明するくだりが有るのですが、
ほぉ、帝都ってやっぱりそうなんだって思ってしまいました。

それぞれページ数も手軽なボリュームだったので、
ラクに読めました。
もう少しページが有った方が良かったかな?とも思いますが、
あまり色々付けると言いたい事がぼやけてしまう可能性もあるので、
この位が良いですかね。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 2

arkstar

>Bacchusさん
nice!ありがとうございます。

>asさん
nice!ありがとうございます。

>ガッツさん
nice!ありがとうございます。
by arkstar (2009-09-09 07:52) 

arkstar

>こけもも:さん
nice!ありがとうございます。
by arkstar (2009-09-09 19:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1