So-net無料ブログ作成
検索選択

空中に浮かぶ映像を [日々の生活]

21 世紀だなぁ。
ITMedia に空中に浮かぶ映像を手で触れられる投影ディスプレイという記事が。

空中に浮かぶ映像って、
SF 映画では 21 世紀の技術で、
周りにフレームが無い状態で、いきなり映像が浮かんでる。って感じでした。

21 世紀初頭の所ではまだまだ荒かったり、単色だったり、像が安定しなかったり。
時代に追いつけてない?そんな感じに思ってってました。

アシストは、何もない空中に映像を表示できる空中結像システム「Floating Image Hyper Vision」を発表した。ラインアップは空中結像のみの標準モデルと、触覚フィードバック対応モデルの2タイプを用意。価格は標準モデルが158万円から(税別)。
発表されたのは、空中結像のみのモデルと、触覚フィードバック付きのモデルの二種。

空中結像だけでもスゴイのに、触覚フィードバック付きモデルもラインナップ。
触覚フィードバックはどうやって実現してるのかな?って思ったら、
超音波触覚フィードバックシステムが組み込まれてるようで、
記事の写真に有るように、超音波が正面から発生して、
触っているって感覚を作り出すんですね。

で、これですが、
なおUnityをベースとしたコンテンツを開発することが想定されており、アプリ/コンテンツ開発については別途「UnityPro」の契約が必要となる。
なるほど、立体物だから Unity での開発ってことなんですね。

3D プラットホームとしては、Unity が現在のデファクトになってると思いますので、
例えばゲームとか作ってる所は、参入障壁がほぼ無いって事になりますかね。

2010 年代後半で、やっと 21 世紀らしくなって来ました(^_^;)
あと 30 年とか後の 21 世紀半ばに差し掛かったら、
いろんなものが変わってるのかなぁって思いますねぇ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0