So-net無料ブログ作成
検索選択

米国で10代目「アコード」を発表 [日々の生活]

売れないからって入れないって言ってたらいつまでたってもダメですよ。
autoblog 日本版に【ビデオ】ホンダ、米国で10代目「アコード」を発表 V6とクーペは廃止という記事が。

北米のアコードは順当にモデルチェンジですね。
フロントマスクは現行型日本仕様のフロントマスクの延長線上に有るかなぁって感じですね。

エンジンは、1.5L ターボ、2.0L ターボ、2.0L ハイブリッド用ですね。
目玉は、1.5 と 2.0 のターボエンジンって事になりますかね。

新しいアコードに関する最大のニュースは、4気筒エンジンへの移行だろう。V6は愛すべきエンジンではあるが、売れ行きが鈍く、燃費効率と排出ガスの点で時代遅れになりつつある。今回、アコードに設定されたエンジンは3種類で、そのうち2つは直噴ターボ・エンジンだ。あとの1つは、ホンダの2モーター式ハイブリッド・システムの最新版である。トランスミッションは、CVTと新開発の10速AT、そして6速MTがエンジンやトリムによって組み合わされる。
はて、アコードは元々直列 4 気筒で始まったシリーズなので、
排気量が小さくなって、直列 4 気筒になる事は別段おかしな事では無い気がしますが。

ただ、10AT 搭載は 2.0L ターボ車なので、
10AT をいち早く乗りたかったら、2.0L ターボを選べって事ですねぇ。

それと、ラインナップは大量に有りますね。
1.5
LX
スポーツ
EX
EX-L

2.0
スポーツ
EX-L
EX-L Navi
ツーリング

ハイブリッド
ハイブリッド
EX
EX-L
EX-L Navi
ツーリング

北米シビックを日本に持ってきたのなら、
アコードも持ってきて欲しい気がします。
ただ、ハイブリッドの EX と EX-L だけ持って来るなんてことは止めて欲しい。
1.5 はシビックとバッティングすると思うので、
2.0L ターボの 10AT を持ってきたら話題性十分だと思いますけどねぇ。

沢山バッテリーを積んだり複雑な機構が必要なハイブリッドは、
エコでも何でも無いので、純粋なエンジン車を販売して欲しいって思うんですが、
何で日本国内は、偏ったラインナップにするんでしょうね?

売れないから。なんて言ってたら、欲しくても買えないって事になり、
じゃぁ良いよ、値段も欧州車と同じかちょっと安いだけだから。
それなら欧州車考えるから。
って意識になるんですが、その辺り分かって商品企画してるんですかね?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0