So-net無料ブログ作成

ラジオが再び熱い! [日々の生活]

ライターさんも熱い。
いつものインプレスにラジオが再び熱い! 進化したラジコで聞き逃し番組やNHKも。快適なスマートスピーカー連携という記事が。

私がラジオと出会ったのは、
中学校時代に、THE ALFEE の坂崎幸之助さんがパーソナリティを努めていた「坂崎幸之助のほとんど冗談!」と、
前後して放送されていた、中山恵美子さんがパーソナリティを努めていた「エミ子の長いつきあい」の 2 つかなぁと。
その後は習慣的にラジオを聴くようになり、コサキンにもハマったり(^_^;)

そして記事には、radiko の話題が。
確かに、サービスイン当時から思えば機能拡充が凄かったり、
2011 年の東日本大震災の時には期間限定で、全国エリアフリーを実現していたりと、
革新的なサービスが続いてるなぁって思います。

radiko の事を取り上げる記事って、
ライターの人は使った事が無くプレスリリースをそのままなぞったものが多かったりして、
その書き方、使ったこと無いよね?しかも意味が分からず書いてるよね?って感じを受けることもしばしばですが、
この記事って、ライターさんが radiko を日常的に使用し、
スマートスピーカー連携も行っているので、フワっとした書き方では無く、
経験に基づいた書き方なので説得力ありますねぇ。

ワイド FM で AM を FM 波で放送する事も行われていますが、
混信とか考えたら、少しのディレイであれば radiko の配信の方が良いかなぁって思いますね。

スマートフォンのい普及率を考えたら、radiko アプリをインストールしたらそれもラジオってカウントできそうですし(^_^;)
タイムフリー/エリアフリーが現状ではまさにキラーですが、
これから先、スマートスピーカーとの連携によって、リアルタイム視聴時の双方向性がもっと上がるかも?って思えるので、
現状でリアルタイム再生のみの機能とは言え、また時間を掛けて機能が追加されてゆくのも楽しみですねぇ。
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 3

cyano

私のRadioとの出会いは、小6当時北海道にいて、TBSのパック・イン・ミュージックを聴いたのを覚えてます。誰がDJやってたかは、Wikiで調べても思い出せなかったです。
それがやがて、オールナイトニッポンになったり、短波で全米トップ40を聴いたりに変わって行きました。
学生時代のお供。就職してしばらくRadioから離れましたが、10年くらいしてまた再開。今に至ります。
by cyano (2018-04-25 11:09) 

cyano

「エミコの長い付き合い」ホントに長い付き合いになりました。
ネットの関係で、知らないうちに聴いていたっていうのがホントのところですが。
あとは、コサキンは外せない。大橋照子さん・斉藤洋美さんのラジオはアメリカン。お二方ともまだお元気なようです。
https://www.youtube.com/watch?v=NdfXqwWgbBE
テーマ曲です。
by cyano (2018-04-26 19:25) 

arkstar

>cyanoさん
今でもそうですが、ラジオってパーソナリティとの距離感が凄く近いですよね。
一体感をすごく感じます。
エミ長は、大阪のABCがネットしていたのを聞いてたり。
コサキンはね、作家の鶴間さんがラジアメつながりだったり、
TVとは違う、ムックン&ラビーの一面にギャップを感じたりしてました。
by arkstar (2018-04-26 22:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。