So-net無料ブログ作成

腕時計 ROLEX COSMOGRAPH DAYTONA Ref.116520 [日々の生活]

腕時計その3で、腕時計シリーズ最終回です。

王冠時計をしてますって話は以前からしていましたが・・・
Virgoさんこのエントリで
松たか子さんは王冠時計好きなのかも?という話でしたが。

そして私の、今している腕時計は・・・

DAYTONAなんです(^_^;)

この腕時計シリーズでいつも書いている、
私は「文字盤が白でなければならい」
これを、王冠時計で当てはめて行くと、
ステンレスケースに文字盤色は白、そしてカレンダー無しという風に選んでゆくと・・・・
行き着く先は、DAYTONAだったり(^_^;)

この王冠時計がやって来たのは2004年の8月。
そうなんです、GSX903 LOV IV はわずか2年程しかメイン時計になってなかったんです。
ただ、その2年間の間に時計について色々調べたり、雑誌を買ったりして行くうちに、
機械式時計の憧れが強くなって行ったのも事実だったりします。
GSXのおかげで「時計」が単なる時間を計るものから、
眺めていても良いのもだという事に気付かせてくれて、
そうなってくると、人生最後の時計を手に入れたいなぁって思ったんですよね。
で、じゃぁどの時計にするのか?って事になるのですが、
実は私、王冠時計のベンツ針とサイクロップレンズ、そして何より金ムクに代表されるバブリーなイメージが苦手で、
最初は候補から外していました。
それに、文字盤色が黒やシルバーのイメージが有って、違うなぁって思ったのですが。

ただ、「文字盤色が白で、カレンダー無し」で探した時に、王冠の中にも文字盤色が白でカレンダーが付いていないモデルが存在すると言う事に気付きました。
そして写真を見た時に、針は王冠らしくないシンプルな針、カレンダーが無いのでサイクロップレンズの出っ張りが無い時計。
素直にカッコイイなぁって思ったんです。
そして、悩みました。
確かに、良い。
しかしDAYTONAに限っていて言えば、SSモデルは定価を超えるプレミア価格で取引されている商品。
果たして手に入れることが出来るのだろうか。
そのうえバブリーなイメージはやはり付いて回っていて、この部分は如何ともしがたいかな?と。

とりあえず王冠を取り扱っている時計店へ行きました。
冷やかしの客と見られてはいけないと思い、スーツを着て(^_^;)
そこで店長と思しき人に、DAYTONAを考えていると話をしました。
そうすると親身になって相談に乗ってもらえました。
そして、普段はよほどの事が無い限り入荷しない「DAYTONA の白文字盤」がたまたま入荷しているという事で現物を見せてもらいました。

手にとって思ったのがその重さ。
機械時計でもクロノグラフなので内部の部品点数はより増え、そのまま重量増を招いているという状態。
その時にはGSX903LOV IVを着けていましたが、その重さは歴然と違いました。
針もシンプルなタイプ、そしてカレンダーが無い点。
そして、DAYTONAが纏っている圧倒的なオーラを感じさせられました(^_^;)

話をしている中で、王冠=バブリーと思っている人には、「ベンツ針+サイクロップレンズ」こそが王冠時計で、
それ以外のモデルの場合は王冠だと気付かないケースが多いと言う事に気付きました。
まさに私が、ベンツ針+サイクロップレンズ=王冠と思っていたように(^_^;)
そして、金ムクの売れ行きはバブル終焉と共に地に落ち、現在ではSSやホワイトゴールド(!)の様なシルバー色ケースが出ていると言う事もその時初めて知ったのですが。

確かに、この王冠をしていても、「あ、王冠だね」っていわれる事はまず無いんです。
但し、時計に詳しい人が「お、DAYTONAか、頑張って買ったんだね」って言われる事は有るのですが(^_^;)

手に入れて、2ヶ月位は馴染むまでに時間を要しました。
初めての舶来時計だったので、外人さんだねぇって感覚だったのですが(^_^;)
それでも今ではすっかり馴染んでしまって、腕時計を外すと重さのアンバランスが気になるような状態になったりするようになりました。
また、オーダー入れたときに店長さんが、「精度の出るタイプを探しますから」と言われていて、
私は、特に意識していなかったのですが、確かに機械式では驚異的な精度が出ています。
自動巻きの機械式時計で、月差+2秒ってありえない!って思うんですよね。

2年経ってみて、最初に買ったのがDAYTONAで良かったかなぁって思います。
もし妥協して、カレンダー付きタイプか、黒文字盤を選んでいたら、今頃は王冠を付けていなかったかも知れませんね。

最近、時計雑誌で金ムクや金×シルバーのコンビが良いなんて記事を目にする事が有りますが、
日本人には似合わないよって思います。(私は下品に感じてしまうんです。)
王冠時計の金ムクや金×シルバーのコンビの価格が、SSやホワイトゴールドよりも割安感が有るからというのがその理由のようなのですが、安けりゃいいの?って思ってしまいます。
本人が気に入ればそれで良いのですが、読者を迷わす記事作りは考えた方が良いのでは?と思います。

そうそう、機械式をお使いの皆様。
時計の精度が出なくなった時には磁気帯びを疑ってみてくださいと言われました。
方位磁石を置き、腕時計のガラス面を下向きにして持ち、
真上から垂直に近づけて行き、方位磁石の針が少しでも動いたら磁気帯びしています。
磁気帯びしていると精度が出なくなりますから、異常に時計が狂うと思ったら、磁気抜きを検討されるのはいかがでしょう。
携帯電話のスピーカーが結構磁気帯びの原因になる事多いそうで、その次はノートPCだそうで、
携帯電話を持ったときに不用意に時計に近づけないのを心がけた方が良いですね。


nice!(5)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 11

Virgo

555エントリ達成おめでとうございます!!

いい時計屋さんに巡り会われたんですね。
そういう事が人生、大事ですよね。
渋いクロノですし、しかもりっぱなクロノメーターだし。

私も本式のクロノで良いものに巡り会えば、そこで打ち止めにしたいのですが、元々、時計大好きなので、無理かなと(^^;)
by Virgo (2006-10-30 13:39) 

sundayblue

お店選びが一番大事だと思うので
そのお店の方に敬意を払ったスーツ姿のarkstarさんだからこそ
いつも以上にサービスしてもらったんですね。

実は、母から金無垢(ダイヤなし)を譲られました。
彼女がロレックスのピンクゴールドを買ったので
ありがたく頂戴いたしました(笑)
コンビは苦手なのですが金無垢は雰囲気いいですよ。
私自身、セレブな格好はしないので
意外とアンティークっぽく身に着けられます。
不思議ですね~。

ギラギラの人が身につけると
ロレックスもギラギラになるかもしれない(笑)
by sundayblue (2006-10-30 14:21) 

かつぽん

カミサンに貰った結納返しが、TAG HeuerのAyrton Sennaモデル
白文字盤のコンビタイプだったかつぽんです(^^;;;
確かに今見るといやらしいですが、当時(バブルの直後)の
センスでは、コレでも地味な方だったんですよ・・・ホントですってば!
by かつぽん (2006-10-30 16:39) 

はまちゃん

デイトナでしたか~。
これは相当重量感たっぷりの、時計好きとしてはニンマリの重さですね。
またサイズもデカイので、存在感あってたまらないですね。

ベゼルとかまだピカピカですね。私はガツンガツンとぶつけていたので
傷だらけでした。それを昨年の50日間のメンテで、ピカピカに蘇ってきました。
再び手にしたとき、感動すら覚えましたね。
何十年経っても、孫の代まで使える、それがここの時計の魅力ですね。
by はまちゃん (2006-10-31 00:21) 

なっちん

時計はあまり知らないので「王冠=バブリー」と思ってました(^^;)
けど、これは王冠っぽくなくていいですね(・・・あれ、褒め言葉になってない?!)
そういえば、みーさんがホワイトゴールドのやつしてたな・・・。今度じっくりみせてもらおっと♪
by なっちん (2006-10-31 08:16) 

arkstar

>Virgoさん
ありがとうございます。
気が付いたらゾロ目エントリでした。

例のメンテもしていただけて、安心して時計を使えるのは有りがたいなぁって思います。
クロノはやっぱ良いですねぇ(^_^;)

セイコーのスプリングドライブも結構来てる時計じゃないかと思います。

>sundyblueさん
それなりの金額の時計なので、それなりの格好じゃないとまずいかな?って思ってスーツ着てました(^_^;)
琥・・いやsundyblueさんは、金ムク所有なんですね。
女性には似合うのかなぁ?って思ってしまいます(^_^;)

>かつぽんさん
セナモデルって、もの凄くプレミア付きましたよね。
バブル期のデザインって今見ると・・・え?(^_^;)
って感じる事多いんですよねぇ。
バブル期に建てられたビルなんて、無駄な装飾をこれ見よがしにしてある事ありますから。

>はまちゃんさん
「カレンダー無し、ホワイト文字盤」を連呼していた辺りで気付かれるかな?って思ってたのですが(^_^;)
エアキング、エクスプローラI共に白文字盤が無いので、消去法ならあとはDAYTONAのみになるので・・・
とりあえず重いです(^_^;)
ただ王冠のステンレスって柔らかい?って思います。
前のGSXの時の方が固かったかも?って感じなんですよね。

>なっちんさん
王冠=バブリー。
ですよね。まさにです(^_^;)
いや王冠ぽくないって言うのは誉め言葉ですよ。
「いかにも王冠時計」は避けたかったので。
みーさんホワイトゴールドされてるんですね。
SS以上に重いですよ(だって貴金属ですから ^_^;)
by arkstar (2006-10-31 14:43) 

Riever

「自動巻きの機械式時計で、月差+2秒」はすごいです。私のSEIKO FIVEなんて日差15秒・・・(笑)。まあ比べるのが間違いですが。
あまり気にかけてはいなかったのですが、もしかしたら磁気帯びですかね。ちょっと方位磁針ないので試せないのですが、危ないかもしれません。それにしても携帯電話のスピーカーが曲者だとは・・・音も悪いくせに時計様になんてことを・・・ブツブツ(^_^;)

「金ムクや金×シルバーのコンビ」は確かに日本人に合わないですよね。不釣り合いというのか、何となく嫌みというのか、そんな感じがします。
by Riever (2006-10-31 22:42) 

Virgo

遅まきながらTBありがとうございました。さっき気付きました。m(__)m
GSXのステンはもっとも堅いものですね、GSXのプロデューサー石田さんが誇ってました。
あれを磨けるのはiPodの裏鏡面より凄い技術だと・・・
by Virgo (2006-10-31 23:16) 

arkstar

>Rieverさん
最初私も驚きました。
ハック機能(秒針停止機能)がこのRef.から付いているので、時報に合わせて0秒から開始したのですが、
普段普通に使っていて、1ヵ月後+2秒だった時には、え?本当に?って感じでした。
現代の世の中に有っては磁気を避けるのは至難の業とは言われていました。
だってFelicaだってリーダーの周りって磁界が発生していますし(電車使っている方は駅で磁界の中を通り抜けているんですから)
私は車に乗りますが、車も磁界が発生しますし、機械式時計にとっては苛酷な環境かも。

>Virgoさん
ですよね。GSXのステンレスめちゃめちゃ固いですよね。
で、GSX903 LOV IVって全面鏡面ポリッシュ仕上げですよ(^_^;)
磨くの大変だったと思います。
by arkstar (2006-11-01 08:20) 

Riever

今日学校の物理実験室においてあった方位磁針で調べてみたところ、帯びてました・・・。

スピーカーだけでなくイヤホンにも、折りたたみ携帯にも磁石入っていますしねぇ。現代は時計にとってひどい環境であることは間違いないですね。
by Riever (2006-11-01 23:04) 

arkstar

>Rieverさん
あらら、やはり磁気帯びしてましたか。
私、時計屋さんの定期メンテナンスの時に磁気抜きして頂いているのですが、
サービスなので、実際磁気抜きの金額知らなかったりします(^_^;)

それなりの金額だったら、お手軽にと言うわけには行かないかもなのですが<磁気抜き
by arkstar (2006-11-02 08:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0