So-net無料ブログ作成

地デジコンテンツ保護新方式 [日々の生活]

でもまだ利権団体残るんですよね。
いつものインプレスに地デジコンテンツ保護新方式、全国テレビ局で運用開始という記事が。

デジタル放送には付き物のB-CASカードですが、
新しい保護方式だと、スクランブル解除をソフトウェアで行うようになるので、
カード不要になるようですね。

で、そうなるとカードが無い分小型化出来るので、
小さい機器でフルセグ可能になると言うことなんですね。

と言うか、B-CASカードって
コンテンツ保護と限定受信の機能が提供されていたが
って書いてて、
「限定受信の機能」(スクランブル解除)を
カードがやってたんですかね?

カードが復号機能なんて持ってないと思うので、
復号回路が、カードの復号キーを読みだして復号化って事なんだと思うのですが、
新しい方式はソフトウェアスクランブル解除。
複合キーをソフトウェア内に持つって事なんですかね?

キーが破られたら、エアダウンロードで対応?な気もしますが、
どんな運用になるんですかねぇ?

それと、すでに全国テレビ局で運用開始になってるんですが、
現状B-CASカードを使っているユーザーは気にすること有るんでしょうかね?

何か謎です。

それと、B-CASカードが無くなるとは言え、
胡散臭いB-CASの団体って残るんですよねぇ。

何かこの辺りも変わって欲しいなぁって思います。
現状TVが凋落してるのって、重DRMも一旦じゃないかなぁって思います。
アナログ時代のように、ノンスクランブルで放送すれば、
回復しそうな気もするんですが。

でも、ダメかな。
現状で魅力的な番組がほぼ皆無って状態なので、
一旦TV局は清算して、新しいTV局をつくらないとダメかもしれないですねぇ。
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 1

arkstar

>みやもっちさん
nice!ありがとうございます。

>ガッツさん
nice!ありがとうございます。

>ハムサブローさん
nice!ありがとうございます。
by arkstar (2013-03-29 20:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0