So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

レトロな“持ち手付き” [日々の生活]

これは、70 年代感を感じますね。
いつものインプレスにレトロな“持ち手付き”カセットテープレコーダー、ビックやコジマで発売という記事が。

LP 復権に始まったアナログ音源のブームですが、
カセットテープも波及して来たって感じですかね。

記事にも有りますが、レトロなデザインのカセットテープレコーダー。
蓋が上部にガシャッと開くタイプで、再生とか、早送りとか停止が、「ガチャ」って押し込むタイプ。

記事の写真を見ると、80 年代よりも 70 年代って感じを受けますね。
当然、リバースユニットが無いので、片面のみの再生。
おそらく、ノーマルテープ専用で、ハイポジやメタルを使ったら、
正しく録再は出来ないって事になるんじゃないかと。

最近の復刻タイプの製品は、外観はレトロ感を出していても、
USB 出力が可能だったりしますのが、
この製品は、そうなってないですね。

カセットを再生するか、録音するかの選択ですねえ。
入力がマイク端子、
出力がイヤフォン端子
この割り切り方はある意味潔いって思いますねぇ。

価格が 5,980 円なので、多くは求められないですが、
昔、カセットレコーダーを使ったことがある人は迷わずすんなり使えますよね。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

cyano

録音する時は、再生ボタンも同時に押すんですよね。
タイミングを逸さないために、予め一時停止ボタンを押してから、録音・再生ボタン押すんですよね。
by cyano (2018-07-07 10:53) 

arkstar

>cyanoさん
そうです。録音+再生で録音ですね。
ガチャって動き始める最後の音も録音されてたりしましたねぇ。
by arkstar (2018-07-09 20:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。