So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Windows 10 October UpdateでZIP解凍時の [PC]

致命的すぎる。
いつものインプレスにWindows 10 October UpdateでZIP解凍時の上書き確認ダイアログが消失という記事が。

リリース直後にファイル消失の問題があり配信が止まった Version 1809 ですが、
公に発表された原因の他にも、条件が揃うとやっぱりファイルが消えるとかのレポートを見かけたり。
今回、ファイル周りを結構触ったのかな?って思ってましたが、
今度は、ZIP ファイルを解答した時の上書き確認ダイアログが消失しているそうで。

Windows 10 April 2018 Update(1803)までは、WindowsのエクスプローラーでZIPファイルを解凍するさいに、同名のファイルが解凍先に存在する場合、ファイルを上書きするかどうか尋ねてくるダイアログが表示されたのだが、1809ではこれが消えているのだという。
今までと同じ感覚で使ったら、ファイルが消えていたでござる。という症状が起きるって事ですね。
これは、慎重に使っていてもファイルが消えてしまう可能性が有るって事ですねぇ。
相当深刻だと思いますが。

ZIPのアーカイブ内からShiftキーを押してファイルを“移動”した場合、アーカイブ内のファイルは“移動された”扱いにされ、削除されたにもかかわらず、移動先のフォルダには展開されなかった。仮にオリジナルがZIPアーカイブ内にしかない場合、同名ファイルが存在するフォルダへの移動により、ファイルが完全に消失することになる。
上書きも致命的ですが、キー併用でファイルを移動取り出ししようとしたら、
アーカイブ内は消える、ファイルは作成されない。
もうね、OS としては致命的すぎです。

未完成のアーカイバアプリ使ってファイルが消えちゃった。
っていうのならまだしも、
Windows98/2000 の頃から OS の機能として ZIP 解凍できるのに、
1809 だとまともに解凍すら出来ないなんて。

今回、暗号化 ZIP のために AES256 強度のファイルがハンドリング出来ます。とかを実装した上で、
Insider Preview の段階なら百歩譲ってまぁ最初だからね。
って言えますが、少なくとも一旦はリリースしたバージョン。

マイクロソフト、Windows 10 のリリース方法を以前のサービスパック方式に戻して、
Windows 10 の次は WindowsServer と同じように、
Windows 2018
Windows 2019
Windows 2020
とかって明確にバージョンを切って、
付いてこれるユーザーに向けてバージョンを提供した方が良いと思いますよ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。