So-net無料ブログ作成

B-CASカード発行数が [日々の生活]

飽和してる?
いつものインプレスにB-CASカード発行数が1,000万枚を下回る。営業利益は3億円に増加という記事が。

日本の TV 放送(BS/CS/地上)は、
デジタルになった時に、B-CAS という重 DRM が必須となり、
B-CAS カードが無いとスクランブル解除出来ない仕様で運用されています。

発行枚数の年度合計は約995万枚で前年度から減少。一方で営業利益は約3億円で、前年度を大きく上回った。
発行枚数が、1,000 万枚を下回ったって事は、
実際に TV やレコーダーが売れてないって事なんですかね。

B-CASカード発行枚数は、前年度1,030万6,000枚だったが、2018年度は1,000万枚を割り込み995万7,000枚となった。
まぁ、毎年右肩上がりで増えるものでも無いですし、
段々と、メディアとしての TV が凋落していて、
PC用モニタ + STB でサブスクリプションの動画配信サービスが伸びてきてたりするので。

そうなってくると、胡散臭い B-CAS カード使わくて、
モニタと HDMI ケーブルが HDCP に対応してたらそれで問題なしって事にもなりますよね。
これだと、日本だけとかじゃなくて全世界統一規格で行けるので、
そちらのほうがハイが大きと思いますし。

この手の日本独自で、公益法人とかが間に入り利権を貪る構図って、
早く淘汰されないかなぁって思ったりするんですよねぇ。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

arkstar

>ACEさん
nice!ありがとうございます。
by arkstar (2019-06-27 21:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。