So-net無料ブログ作成

富士フイルム、「最大30テラ」の [日々の生活]

LTO も 8 なんですねぇ。
ITMedia に富士フイルム、「最大30テラ」のデータを記録できるテープストレージ発売という記事が。

HDD が SSD の追撃を逃れるために大容量化していますが、
その先に、枯れたメディアと言われるテープが大容量化の道をひた走ってるんですよね。

お仕事サーバは、現状 D2D (Disk to Disk) と D2C (Disk to Cloud) でバックアップしてますが、
その前は、LTO を使ってました。
その LTO も LTO2 のかなり昔の規格だったので、容量すぐいっぱいって感じだったりもしましたが。
その前は DLT で、その前は DAT だったなぁと昔を思い出してしまいました(^_^;)

で、LTO 8 ですが。
最大30TB(非圧縮時は最大12TB)のデータを記録できる
記事の写真のサイズ (VHS やカセットと違い中央にリールが一つのみ) で 30TB なんですよねぇ。

非圧縮で 12TB ってなってますが、
私が使ってた頃のものってハードウェア、バックアップツール共に圧縮記録がデフォルトになってたので、
非圧縮運用ってするのかな?って思ってしまいますねぇ。

富士フイルムにしてみれば、写真フィルムのノウハウとビデオテープのノウハウで
同時多層塗布みたいなテクノロジーはお手の物って感じで製造してそうな気もしますね。

昔は、大型機とかだとオープンリールのテープで、民生用の 8bit とかだとカセットテープが使われてて、
今ではテープは化石メディアって言われることも有りますが、
やっぱりバックアップはテープっていうのは昔から変わらないですね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。